生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病というのは、崩壊した食生活や運動をしていないこと、お酒を飲んだり煙草を吸う習慣があること、ストレスが積み重なっていることなど、日頃の暮らしで経験していることが引き金となり生じる病気を意味しています。
内臓脂肪型肥満で、高血圧、高血糖、高脂血(脂質異常症)の3種類の中で2種類以上が引き起こされているケースをメタボリック症候群と定めています。
様々な症状が重複してみられるメタボリック症候群とよばれるものは、相応の危機が迫っていると解釈できます。
メタボリック症候群や生活習慣病について、少なからずコレステロールは関係しています。
主にコレステロールは、高脂血症の発症に大きく関わりがあるのです。
高脂血症であることが発覚した場合でも、早期であれば単純に血液中のコレステロールが過剰というのみで、自覚症状がないといった特徴があります。
とはいえ、症状を自覚していないからと、コレステロールが過剰になっている状態で放っておくと様々なトラブルが起こる可能性があります。
自分では気づかないうちに血管内にコレステロールが残るようになり、いざ蓋を開けてみると動脈硬化が悪化している可能性があります。
最後には、脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる状態にもなってしまいます。
悪玉菌のLDLコレステロールが140mg/dl以上、その他にもHDLコレステロール(善玉コレステロール)値が40mg/dl以下の場合、高脂血症(脂質異常症)と判断されます。
大多数の生活習慣病は症状を自覚しない状態で進んでいくので、サイレントキラーといわれています。
自分には縁のないことだと軽視していると、急死してしまうなど悔やんでも悔やみきれない状況に遭遇するケースもあります。
医師の診断で異常値を指摘された場合は、専門的な治療をしっかり受けることが大切です。