コレステロールと動脈硬化

コレステロールと動脈硬化

コレステロールというのは、私たちの体には必要不可欠なものです。
一定量のコレステロールが体内に存在しないと、健やかな毎日を過ごすことは不可能になるでしょう。
しかし、なんでも過剰というのはよくありません。
コレステロールも、余分になってしまえば病気を誘発する可能性があります。
コレステロールが増加し過ぎることによって起こる病気で有名なものに、動脈硬化などがあります。
動脈硬化の場合コレステロールがかなり結び付いていると見られています。
さらに、不要なコレステロールが血管に溜まると、血管の最も内側に存在する内皮細胞にダメージを及ぼす結果となってしまうのです。
傷口から悪玉コレステロールが潜り込み、内皮細胞より内側の内膜に至ってしまいます。
傷ついたすきまから、コレステロール以外の成分として血小板やカルシウムまで内膜に侵入するのです。
それらはどろどろとして塊をつくり、血管内を埋めつくしていきます。
このような血管狭窄状態が心臓の冠動脈の部分で起こると、心筋梗塞や狭心症の引き金となるケースがあります。
動脈硬化により血管は柔軟性が無くなっている状態ですから一定以上の負荷が生じることで血管破裂といった事態を招いてしまいます。
また、コレステロールが過剰だとなりやすい病気にコレステロール胆石というのが存在します。
コレステロールには、胆汁酸の素材となり消化作用を助けるという働きがありますが、高脂肪の食生活やストレスに晒された生活で胆のうに胆石を作ることがあります。
必要以上のコレステロールを無視していると重い病気を招いてしまうかもしれないため、規則正しい食事や、程よい運動などでコレステロールと上手く付き合っていくようにしましょう。