コレステロールを下げる

コレステロールを下げる

基準値より高いコレステロールになっている場合、動脈硬化や肥満をはじめとする事態を招きやすくなります。
高コレステロールとなってしまう要因は、余分なカロリーの食事と体を動かさないことが原因です。
必要以上に脂肪が多くならない食事に変更することは、コレステロール値を正常な値に戻すのに有効な方法です。
もちろん食事の管理だけではなく、さらに運動療法もあわせて行なうとよりコレステロールを下げるのに効果的です。
コレステロール値を下げる方法としては、有酸素運動が効果的です。
有酸素運動といえば、ウォーキング、ジョギング、水泳などの種類です。
コレステロール値を正常に戻す運動は、食後の3時間後に取り組むのがベストです。
これは、食後3時間が中性脂肪が最多になるタイミングですから、この際に運動を取り入れることで中性脂肪を上手に解消していくことが可能です。
体の中の中性脂肪を排除することで、人体によい影響を与える善玉コレステロールを増やしていくことに成功します。
コレステロール低下のための運動というのは、体が動かなくなるほど過酷な運動は必要ないので心配いりません。
適度に汗をかく程度の運動を30〜40分程度の時間、日常に取り入れ、困難な場合は週に3回を心がけてみましょう。
コレステロールを下げるためには、ジョギングでは1日3から4キロを目安にするとよく、できるだけ時間をかけてゆっくりと走るといった方法が有効とされています。
ウォーキングはのんびり歩かず、背筋を伸ばして歩幅を大きくとり1日2から3キロ程度を目指すといいでしょう。
日常的に行うことがコレステロールを下げるためには一番必要なので、無理せず長く続けることのできる運動をするようにしましょう。