超悪玉コレステロール

超悪玉コレステロール

健康を保つには、コレステロールを余分に摂るのは好ましくありません。
数あるコレステロールの種類でも、LDLコレステロールという種類は悪玉だとされ、人体に悪影響を及ぼすものです。
LDLコレステロールは、リポ蛋白の形になって血液の中を行き来しています。
LDLコレステロールの量が血液の中で増加し過ぎてしまうと、往来をせずに、いつまでも血液中に存在することになります。
血液中にずっとLDLコレステロールが滞ることにより、酸化しやすく変性を招いてしまいます。
変性を生じたLDLコレステロールは、ぴったりと血管壁にくっつきやすくなり、動脈硬化の引き金となってしまいます。
LDLコレストロールと一口に言っても、比重が小さいとされる小型LDLというのは通常の大きさのものより肝臓に取り込まれるのが困難でいつまでも血管内に留まってしまうのです。
これにより、小型LDLコレステロールとは、別の超悪玉コレステロールという呼称を持ちます。
体によくない働きをしてしまう超悪玉コレステロールは、内臓脂肪型肥満の人や中性脂肪が多い人、さらに高血圧・高血糖などの場合に増えやすいといわれているので要注意です。
上手く悪玉コレステロールを少なくしてくれるものには、緑茶、ゴマ、干ししいたけなどが当てはまります。
抗酸化作用が高いとされるセサミノールが、ゴマにはたっぷり含まれているため、このことで悪玉コレステロールに酸化が起こるのを制御してくれます。
干ししいたけのエリタデニンという成分には、肝臓におけるコレステロールの代謝機能を高めるので悪玉コレステロールを効果的に除去出来るのです。