善玉と悪玉

善玉と悪玉

コレステロールは善玉と悪玉に分けられているというのを耳にしたことがある人も多いと思います。
コレステロールがすべて悪いものだというのは間違いで、体に良い作用をもたらすコレステロールもいます。
これに該当するのは善玉で、HDLコレステロールという名称が付けられています。
HDLコレステロールとは、血液の中を巡回するときに、リポ蛋白のHDLを利用することで動くコレステロールのことをさします。
善玉コレステロールも最初はただのコレステロールであるため、LDLコレステロールという悪玉の類となんら違いはありません。
しかし、組成によって比重や大きさ、どのように働くかが同一ではないので、タイプが善玉と悪玉に分別されています。
たんぱく質を多く含む高比重リポ蛋白のHDLは、それぞれの部位で消費しきれなかったコレステロールを肝臓まで運ぶ働きをします。
さらに血管にストックされて、憎むべき動脈硬化を生じる恐れを増大させる動脈壁に溜まったコレステロールも持っていってくれます。
こうした体内においてよい効果をもたらすコレステロール、善玉コレステロールと呼ばれています。
人間の体に嬉しい効果をもたらすHDLコレステロールを多く活動させるには多く食べ過ぎないことが肝要です。
きちんと毎食を摂り、食物繊維が豊富な食品を先に食べる、きちんとかんで食べるなど、食べすぎや早食いを防止するといわれています。
肥満の状態や中性脂肪が増えることは、役に立つ善玉コレステロールの数値を低下させてしまいます。