コレステロールバランス

コレステロールバランス

加齢によって、体の中のコレステロールをバランス良く保持する機能が衰えてしまいます。
歳を取る前ならコレステロールを多く摂ってしまったような場合、体が勝手に体内生成コレステロール量を減らしてくれます。
しかしながら、高齢に近づくとその働きが弱くなり、コレステロールが余ってきます。
当然若い年齢の人より年齢の高い人のほうが余計なコレステロールの摂取に関して考えることが求められます。
毎日の食生活の中で高コレステロールの食品を食べ過ぎないということも、良い健康状態でいるためには要求されます。
コレステロール値の高い食品には、魚卵のほか、いくつかあります。
もう少し詳しく見ていくと、アンコウの肝、うなぎの肝、たらこ、いくらなどです。
お酒のお供に食されるようなものについても、たくさんのコレステロールを含有しているものが挙げられますから、注意が必要です。
他にケーキやシュークリームなどコレステロール値が高いので摂りすぎには注意が必要です。
高コレステロールの食品を食べ過ぎないということは必要ですが、一口も食べてはいけないわけではありません。
好きなものでもコレステロールが多いからと、遠慮したのではストレスを増やしてしまいます。
ストレスも体内コレステロールを増やす要因でもあるので、適量の摂取を心がけましょう。