コレステロールの役目

コレステロールの役目

病院などを訪れると、コレステロールという言葉をよく見かけると思います。
コレステロールは、多過ぎと少な過ぎのどちらに傾いても正常な体のバランスを崩してしまいます。
コレステロールというと動脈硬化など病気になるイメージが浮びがちですが、このコレステロールは血管の中に蓄積されるものではないのです。
脳、筋肉、内臓など全身に存在しており、健康な細胞膜を守るという大切な働きもしています。
健康診断の通知表に、総コレステロールだけでなくHDLコレステロールやLDLコレステロールの欄があるのに気が付くでしょう。
その中の総コレステロールは、HDLとLDLの総合を指すので、大分類としてコレステロールは2種類になります。
正確にはさらに多くの種類が存在するのですが、健康診断において目を向けるのはHDLコレステロールとLDLコレステロールです。
詳しい話をしますと、細かくはLDLもHDLもコレステロールには含まれません。
脂質にカテゴライズされるコレステロールですが、それだけでは血液に溶解できません。
そのため、リポ蛋白というものを利用して血液の中を動いているのです。
この場合に使用するリポ蛋白なる物質がHDLとLDLです。
HDLに乗って移動しているコレステロールをHDLコレステロール、LDLを利用するものをLDLコレステロールと呼んでいるのです。
元々は全く一緒のコレステロールなのですが、巡回するときに使用するリポ蛋白の機能が同じではないため善玉コレステロールと悪玉コレステロールに分類されています。
この中で、善玉コレステロールのことはHDLコレステロール、LDLコレステロールのことを悪玉コレステロールとなります。